移動体データベース

自動運転では、自車でセンシングするデータだけでなく、他車や歩行者からインターネット経由で得られるデータも役に立ちます。例えば、リアルタイムの位置データを解析することで混雑状況などが予測できます。ほかにも、自動車の運転データなどを解析することでクルマの知能を作れます。

位置データ収集

我々の提供するスマホアプリPosUpを利用すれば、Androidから得られるGPS情報を名古屋大学のサーバーにアップロードできます。リアルタイムの位置データを閲覧したい場合はMapDataサイトのTrafficMapシステムにアクセスしてください。以下、TrafficMapのデモ動画です。